夏涼しい家、economaとは?

header.jpg

ローインパクトという発想

ローインパクト.jpg

economaは、高性能は「箱」というに、パッシブという「思想」を詰め込んだ住まいです。高価なエコ技術に頼らず、自然の力で涼を採る、暖を採る、そんな地球にやさしく、家計にもやさしい住まいを目指しています。

OMソーラーシステムを採用。

economaモデルハウスには、太陽熱で床暖房したり、夏場に夜間のひんやりした空気を取り込んだりできるOMソーラーを採用しています。大きな方流れの屋根は、太陽の恵みをたっぷりと受け取るためのもの。暖房しながら新鮮な外気を取り込むことのできるこのシステムは、室内を常に換気した状態に保つことができるため、「空気感が他の家と違う」とたいへん評判です。

※挿絵は太陽電池搭載型のOM。economaにも採用可能です。

エコスカイルーフシステム(参考)2.jpg

緑をまとう。

建物のまわりに植栽を施します。広葉樹は、夏は葉が生い茂ることで直射日光をやわらげ、冬はその葉が落ちて、ぽかぽかとした太陽の光を家の奥まで差し込ませてくれる働きがあります。また緑は光合成の際に水分を放出するため、気化熱で気温を下げる効果もあります。木陰を渡る風が気持ちがいいのはそのせいです。economaは、建物内部だけでなく、外部から住環境を変えていこうという試みでもあります。

DSC00975.JPG

室内微気候を科学した、「対流」のある家。

心地よさは、絶対的な室温では決まりません。エアコンは最初涼しく気持ちよくても、あとで不快になってくるのは、風量が強すぎるからです。室温を下げなくても、室内に対流をつくり、カラダのまわりの空気を動かしてあげることで、居心地のよい空間をつくることは可能になります。economaは、室内微気候を科学し、重力寒気によって下から上に空気を動かすことで、心地よい住環境を実現します。

house3.jpg